睡眠とダイエット

 

ダイエットというと、きついこと辛いことをすれば結果がでると思いがち。
特に運動や食事制限などを頑張っているのになかなか結果が出ない!

 

そんなあなたに見直してもらいたいことはまずは「睡眠時間」
あなたの毎日の睡眠時間は何時間ですか?
日によって違う、休みの日はいっぱい寝ているからOKなんて思っていませんか?
健康な身体になるための一歩として睡眠は欠かせません。

 

睡眠時間が4時間以下の人は7時間以上の人に比べて約70%も肥満になりやすいという結果が出たそうです。
睡眠時間が5時間の人では50%
睡眠時間が短いほど太りやすいということが報告されています。

 

睡眠が不足すると、私たちの身体をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。
私たちの身体には、腕や脚の筋肉のように自分の意思で動かせるものと、心臓や発汗のように自分の意志では動かせないものがありますが自律神経は後者。
自律神経には交感神経と副交感神経がありそれぞれ働きが違います。

 

  • 交感神経

「仕事、勉強、闘争、ストレス」を感じるときに働きます。明るい時間帯に活発になり脳や筋肉に働きかけます

 

  • 副交感神経

「睡眠・休息・リラックス」のときに働きます。暗くなるとともに優位になり主に内臓に働きかけます。

 

交感神経と副交感神経は必要に応じて自動的に切り替わって働くようになっています。
不規則な生活をしていると、この切り替えが上手くいかなくなるのです。
例えばいつも夜更かしばかりで常にストレスを感じていると、交感神経だけが働いて副交感神経の出番がなくなります
こんな日々が続くと、副交感神経への切り替えができにくくなり、イライラしたり集中力が落ちてしまったり……。

 

また副交感神経が働かないと内臓が休まらないので代謝がどんどん悪くなります。
そして、むくみやすくなり、太ることに繋がります。

正しいダイエットとは、自分の身体をいじめることではなく、優しくしてあげること。
睡眠不足になるほど疲れさせたのならまずはゆっくり休ませてあげて。