運動とダイエット

 

歩く

運動したいけれど、毎日1万歩なんて歩けない!
筋トレも毎日30分なんて無理!
そんな風に思い込み、はなから諦めたりしていませんか?
ダイエットの知識が頭にある分考えてやれそうもないと気力を失いがち。
まずは日ごろの自分時間のなかでできることからはじめてみませんか

 

ダイエットのために運動を始めよう!
そう思ってダイエットの情報を見ていると
「20分以上有酸素運動をすると脂肪が燃える」
「毎日一万歩以上歩きましょう」など
様々な指標を目にします。
ですが、一番大切なことは今の生活の中で取り組めることをやること。
それが最も現実的に続けられることであり結果が出せることです。

 

同じようにエクササイズをしているつもりでも15分がものすごく長く感じる日もあれば30分が短く感じる日など、日によって感じ方は異なります。
「毎日○分やる!」という目標が続かないのはあなたにとって不自然な縛りで行おうとしているため。
無理して○分続けることより行動できる自主性が湧いてくることが大切!
まずは1日1分、気になることをやってみましょう。
1分やるつもりが、思っているよりも楽しくて1分以上できたら儲けもの。
一歩進めば気分は良いもの。

 

 

気分が良ければ運動に対する先入観も変わり、自然と継続に繋がります。
動くことによる、心と身体のリフレッシュ感や意欲を感じてきたら時間の問題も軽くなっていることでしょう。

 
 

筋トレ

筋トレは、週1で現状維持週2〜3回で筋力アップといわれています。
もも表側、お腹、胸など大きい筋肉のトレーニングから始め、全身の筋肉を育て基礎代謝アップに繋げましょう。

 

どれくらいの強度や負荷がかかっているかも筋力アップにとってはポイント。
「50〜100回くらい腹筋しています」という人のフォームを直すと、10回できるかできないかが限界に変わることも!

回数よりも大切なことは結果が見えない時は変わるように改善するということ。
使いたい筋肉に意識を向けて、再チャレンジしてみてください。

 
 

ストレッチ

ストレッチは、運動前後のケアとして行いましょう。
また、普段の生活の中で緊張する場面知らず知らずのうちに力が入っていることがありますよね。
筋肉の緊張は脳に伝わり、脳の緊張は筋肉に伝わります。
ですのでセルフケアとして今日の癒しと明日の元気のために取り入れてみてはいかがでしょう?

 

その延長線上に、ボディラインの変化が見えてきます。
ウォーキングも、歩く前に、変化が分かりやすい足首やふくらはぎをチェックしておくと運動後スッキリすることが目でも分かり運動のモチベーションアップに繋がります。
あなたが今できそうなことを大切になるべく気分よくお過ごしくださいね!

 

ストレッチでは痩せないと伝えている人が指す「痩せる」の意味は、「体重を減らす」「脂肪を燃焼する」こと。
残念ながら一人でできるストレッチそのものには脂肪をガンガン燃焼するほどの運動量はありません
対局する、「ストレッチで痩せる」という人は「スタイルがよくなる」「コンディションがよくなる」ことを指しているようです。
ストレッチの効果で望めることは、コンディションを整えることと、部分痩せのサポート
コンディションが良ければ、運動する気力が沸くことも期待できます。
そして運動することで、心身ともにリフレッシュ効果が得られます。

 

痩せなくて悩んでいる人や、部分痩せを希望している人の多くは、筋肉がパンパンに張りその周りの脂肪も硬め。
逆に筋肉が少なく、ぽちゃぽちゃした脂肪が減らないとお悩みの人もいます。
その多くは、運動不足とケア不足。
筋の緊張状態が長引いていたり動きが少ないことが原因です。
ですので、特にそういう人にとっては痩せることの足がかりとして、ストレッチは有効といえるでしょう。

キレイな人がストレッチを取り入れているのにはワケがあります。
それは、ズバリ効果を感じているから!
ストレッチ、と声をかけても筋トレを始める人がいます。
筋トレは筋肉を鍛えるもの。
ストレッチはリラックス
この違いを大切にすると、今日自分にやってあげたいケアを選べるようになりますよ